私の夫は10年以上とある会社の営業マンとして働いてきました
すごいなーと他人事のように思うのですが 営業成績が良く全国で毎年連続5位6位に入る成績のようでした

しかし 4月から栄転で本部に移動となり 今までの営業とは全く違う 毎日PCと会議の連続な部署に移動となったのです

10年仕事をしてきて 営業としては自身がつき 次へのステップとして希望をいだきながら挑戦した移動でしたが 

あまりにも今までと環境が異なり 
部署を移動して1ヶ月半で日に日に顔色が悪くなり 今にも消えてなくなりそうです・・・

そんな時 そばで何をしてあげられるのか・・・
どうやって一緒に乗り越えて行くべきなのか 考えてみました

こんな方向けの記事です

新卒として社会に出た方
転職して新しい仕事に就いた方
私の夫のように部署が変わって新しい環境で頑張っている方

一緒に乗り切りましょうという気持ちで 乗り越えられる方法をまとめていきます
これ以上頑張れ!!とは言いませんので 安心してくださいね・・

ヒント1 技術は積み重ねたら必ず身に付くからひたすらやり重ねるべし

旦那さんに話を聞いてみたところ とにかく 周りの人は優しいけれど
自分が思っていた以上に役に立たない事に 身の置き所のなさを感じていました

企画を提案するしない以上に エクセルができないから話にならない 周りの人が出来すぎていて
申し訳なさを感じて 仕事に行くのも辛くなってきたと・・・

ここで私はなんと声をかけてあげるべきなのか・・・
エクセルって できる人はできるのでしょうが できない人は全くできないんですよね・・・私もその1人・・・変わってあげたいけど 私ができるようになってもあまり意味がない・・・

でもなんだか私にもそんな経験があったな・・・と昔を思い出しました

看護師として働く中で ずっと新人さん達やかつての自分が悩んできたことと重なることがありました


でもその解決策って案外シンプルなのです
「技術は積み重ねるしかない!!!」

看護師の仕事は 
半分が看護技術 残りの半分が思いやりでできていると私は思うんです

新人の時は 患者さんにやってあげたいことはたくさんあるけど それを十分にカバーできるだけの技術が身についていないから とっても悩む

わかりやすい例えで言えば 
「採血が上手じゃなくて患者様に苦痛を与えてしまった」が 看護師新人あるある!

新人の頃は患者様に 採血をする前からあからさまに嫌そうな顔をされたり「刺せるの?本当に大丈夫?失敗しないでよね?」と言われたものでした

すごく辛いけど 採血ってとにかく数をこなすしかない!!

ひたすら 色んな血管の患者様に採血をして 痛くなりにくい針の挿入角度や 針を刺す速さを研究して学んで実践する以外にないんです

その代わり やればやるだけ 経験値が積まれて確実に上達します!

だから みんな 新人の看護師よりも ベテランの看護師に採血をして欲しいと思いますよね?w

夫も何が辛いのかよくよく話を聞くと
「とにかくエクセルができなくて辛い!エクセルができれば まだ頑張れる余地があるんだけど・・・他の人なら30分でできる資料作りに1時間半もかかってしまう・・・」
とのこと

だから 「技術的なことは 時間が絶対に解決してくれるから 大丈夫だよ!ただたった1ヶ月半でできると思わない方がいいと思うし 他の人ほどできるわけはないから 余計なストレスを抱え込まないで 目の前にあることをするしかない!」と話しています

や、実際自分が不出来だという状況で 毎日出勤するのは どんなに肩身が狭く 辛いだろうと思いますけどね・・・

でもここで逃げたら 転職した時にきっとまたエクセルの壁にぶつかると思います
こんな時代ですから・・・いろんな仕事に就いて 上を目指そうと思えば絶対に超えなくてはいけない壁なんです

今逃げたら 次にまたエクセルをしなければならない場面にきたときに絶対にトラウマになっていると思います

絶対に大丈夫!! あなたなら頑張れるよ!!! 技術的なことは繰り返すうちに絶対に自分のものにできるよ!!

その代わり エクセルが完璧になっても もし企画的な部分でアイディアを出し続ける事に才能を感じないんだったら 辞めていいよ!って言ってますw

もし 皆さんも こんな未熟な私・・・数ヶ月後 数年後もやっていけるのだろうか・・・?
と 悩むことがあったら 

その時間ほど もったいない時間はありませんよ! 無駄な心配していないで
1つでも多く 知識と 技術をストックしましょう♪

ヒント2 周りと比べないで!自分なりの短期目標を作ろう

初めての仕事をする時って どうしても周りと自分を比べますよね

それって 向上心があって とっても大切な事だと思います!!

目標としたい人を見つけられることも 素晴らしいことだと思います!

でも比べすぎてはいけませんし 早まってもいけない!!

遠くを見すぎると 心が折れちゃいます! 今の夫のように・・・

とにかく 何の仕事でも言えることですが
長期目標の中に 短期目標をたくさん作りましょ!

夫の場合は 
長期目標は 今まで同じポストで仕事をしていた人のように 
バリバリエクセルを使って企画を上の人に提案していくことです

でもそれを掘り下げて掘り下げて掘り下げまくって 1週間くらいで達成できそうな目標を一緒に考えました

その結果 短期目標は 「今よりも企画書をエクセルで作る時間を短縮できる!」という事にしました
自分がこえなければならない相手は とにかく自分です!

周りの仕事ができる人と比べるのはまだまだ 早いのです!

子供でも誰でも何歳になったとしてもやることは同じです
「小さいできた!!」を積み重ねて 仕事へのモチベーションを高めていくことがとっても大切です

夫は 今まで営業としてやってきたプライドがまだまだ邪魔をして
どうしても「こんなのもできない!!!」が頭の中を独占しているようです

ど新人じゃないので もう簡単に周りに甘えることもしづらい環境ではあると思いますが
それは自分を苦しめるだけ

いつだって 
できないことを素直に受け止めて
周りに甘えることができる人が 伸びます

ヒント3 「石の上にも3年」このことわざには内訳がある?!

私が 看護師の仕事に就くときに 看護学校の恩師に言われた事があります

「仕事を始めるとね 
1年目は初めてのことだらけで何をしたってとにかく辛い
2年目になると1度経験した事の積み重ねなので少し余裕が出てくる
3年目になってやっと楽しめる


人生生きていると いろんなことが3の倍数で起こってくるな〜と実感しますが

この言葉を聞いて以来 石の上にも3年って こういうことなのかなーと感じて 生きてきました

そして 私が 看護師として 仕事を始めた時 本当に 恩師の言う通りに 進んでいきました

どんなに辛い時でも 1年耐えたら絶対にいいことが待ってる!!と信じたから頑張れました

だから この言葉はずっと忘れないし 仕事で悩んできた後輩たちにも絶対に伝えてきた言葉でした

今!仕事が辛くて どうにもならないよー!!って思っている人に まずは1年耐えろ!って言いたい!! 

本当に 気が遠くなりそうな時間の長さだと 思いますが

どんなに辛くても肩身が狭くても2年目になると あれ?!これ知ってる! できるできる!!ってことが びっくりするくらい増えてきます!

仕事の内容によっては それが1年よりも短い 6ヶ月かもしれないし 3ヶ月かもしれない!
とにかく 3の倍数! だから 夫にもそれを信じて とにかくやってみて欲しいです

「10年仕事してきたのにこんなのもできないのか!」ってプライドをズタズタにされることもあるだろうけど

新人さん同様
「言われているうちが華」

言われなくなったら 本当に終わりです

4月から 新入職をして 壁にぶち当たって5月病に苦しんでいる人も 
新しい環境で 頑張ろうともがいている 夫も

どうか もう少しだけ やってみて欲しい
決して 頑張れ!とは言わないよ!!!

十分頑張っているのは 知っているからね!!